SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg
SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg

SCULPTURES AND WORKS ON PAPER by Tony Cragg

Regular price ¥4,400
/
Tax included. Shipping calculated at checkout.

size:

244 x 300 mm

softcover

96 pages

 イギリス人彫刻家、トニー・クラッグ(Tony Cragg)の作品集。作者の彫刻作品や紙に描いた作品を収めた包括的な一冊。2023年2月25日から5月19日まで、フロリダ、ベロ・ビーチの「ザ・ギャラリー・アット・ウィンザー(The Gallery at Windsor)」で開催された展示に伴い刊行された。

ロンドンの「サーペンタイン・ギャラリー(Serpentine Galleries)」のアーティスティック・ディレクターを務めるキュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)と作者の対談、美術史学者でキュレーターであるジョン・ウッド(Jon Wood)が詳細に論じたエッセイを収録。

トニー・クラッグは我々の彫刻の見方を変えただけでなく、もっと広く一般的な物質世界に対する見方、考え方すらも変えてみせた」ージョン・ウッド

作者は自然界と人工の世界の間にある複雑な関係を探り、革新的かつ特徴的な彫刻による言語を生み出した。自称「過激な物質主義者(radical materialist)」として、作者は物体の外面に現れ出る、物質の内部構造がもたらす影響に興味を惹かれてきた。イギリスにおけるランド・アートやパフォーマンス・アートから影響を受け出発点とした作者の作品は、自然の中に見受けられるマクロやミクロ構造、工業的な素材やプロセスへの関心がインスピレーションの元となっている。

作者は1988年に第43回ヴェネツィア・ビエンナーレにイギリスの代表として参加、同年にイギリスの「テート(Tate)」が組織する現代美術のアーティストに授与する「ターナー賞」を受賞した。

※輸送の関係上、多少の傷、汚れが見受けられ可能性があります。

Back to library